• ホーム
  • 目立つところのニキビを潰してはいけない理由はより目立つから

目立つところのニキビを潰してはいけない理由はより目立つから

顔をクリームを塗っている女性

ニキビについてはいくつかの治療法がありますが、そのひとつに潰すという治療法もあります。ただ、これは特定の状態であればおすすめできなくもないのですが、それ以外の場合ははっきり言っておすすめできません。特に目立つ部位であればなおのことで、より目立ってしまう可能性を防ぐためにも、そもそもニキビ自体は潰さない方がよいのです。

まず、そもそもこの理由としては、ニキビを潰すと肌に負担をかけてしまうから、というのがあります。ニキビ自体はそもそも肌に負担をかけているものなのですが、膨らんでいる状態はより肌に大きな負担をかけており、潰すとますます肌に負担をかける可能性があります。肌に負担をかけるとより深く跡や傷が残ることになり、その結果として跡が残ってなかなか治らない、という事になりかねません。特に潰してはいけない理由としては、こういった事があるからなのです。

次に、潰してはいけない理由としては肌に雑菌が入ることを防ぐため、というのがあります。潰すときは特に衛生的な状態が望ましいのですが、消毒薬や殺菌処理などが病院レベルで出来ていないのであればあまり好ましくありません。つぶした所は傷跡になり、その傷跡に雑菌が入ると肌の奥深くまでダメージを与えることもあるので、あまり好ましくないのです。

特に目立つところほどこの可能性が高くなり、クレーターや赤い跡が出来る可能性は高いでしょう。人の目につくところであればあるほど肌のきれいさに影響を与えますし、時にニキビ跡の人だというように思われることもあるかもしれません。特に目立つところは皮膚が薄かったり、顔の中でも平面だったりして毛穴などがない状態が美しいとされる場合も多いのです。

このため、そもそもニキビを作らないように気をつけたり、炎症を起こすようなひどいニキビにならないように肌の状態を改善することなどが重要です。特に目立つところほど肌に炎症が起きていると目につきやすく印象を変えてしまうこともありますから、最初から負担にならないように気をつけたり、肌トラブルを起こさないようにすることが重要です。

また、出来てしまったらその後に適切な処理をして治療を早めて、より早くきれいに良い肌に戻すことを心がけましょう。なお、例外的に白ニキビであれば潰す治療法もありますが、これは医院で行う方が望ましいでしょう。というのも病院の方が衛生に気を使っているため、その後の肌荒れや雑菌の繁殖に繋がりにくくなるためです。