• ホーム
  • 濃くなる前に始めたい!シミに効果的な治療薬を見つけよう

濃くなる前に始めたい!シミに効果的な治療薬を見つけよう

シミについてはいろいろな状態があり、ニキビ跡がシミになっている場合もあれば、年齢に伴ってできてしまった場合、一定の年齢により出来てしまった場合も考えられます。実はシミの治療については治療薬を使う場合もあり、いくつかの選択肢があります。

まず、肝斑と呼ばれるシミの場合です。肝斑とは30代から40代くらいの更年期障害が出やすい年齢の人に起こりやすく、目の下から頬にかけて左右対称に出来るシミやソバカス、あるいは細かなシミの集まりなどを指します。この肝斑については専門の治療薬を2か月ほど服用するだけで格段に良くなる、という治療が現在の主流です。肝斑の場合は特に原因が不明ですが出る世代や内容に特徴がありますので判断もとてもしやすく、治療薬も市販されていますので、治療方法も簡単でしょう。

一方、それ以外のシミの場合は特別な治療薬というのがこれといってないのですが、いくつか特徴的な治療薬があります。内服薬に限れば、ビタミンCやビタミンEなどが効果があるとされています。というのも、ビタミンCの抗酸化作用やメラニンの生成をカットする作用などによって、肌の状態が格段に改善するといわれているのです。ビタミンEは血行を促進させて代謝を高めたり、肌の状態を改善する事も出来るでしょう。当然ですが、コラーゲンやヒアルロン酸など肌の素材になるような栄養素を取ることで肌の状態が改善されるケースも見られます。

一方、外用薬、つまり塗り薬の場合はいくつかのタイプに分かれます。ひとつはピーリング剤で、こちらは肌の表面にある角質層を取って、シミを薄くしていくというものです。たまったメラニン色素のある肌の角質層を取り除き、その下のメラニン色素の薄い層を表に出していくことで改善を図ります。

また、ビタミン類やコラーゲンなどが含まれるものを肌に塗ることで肌にうるおいや栄養を与えて改善する方法も見られます。こちらは特に肌の状態を改善したい人や、様々な肌悩みを解決したい人におすすめです。その他にも治療薬で言えば、ハイドロキノンやトレチノインといった美白やピーリングを行う塗り薬を使うのも方法といえるでしょう。これらは色素の生成を抑制したり、新陳代謝を促進する効果があります。

その他にも、治療薬だけであれば様々な種類があります。シミ治療はある程度時間がかかりますから、根気強く行いましょう。外用薬と内服薬を併用するのもよい方法です。